title softw s2soft sause ssize
お知らせ
SAUSE Version 3.1.2 をリリースしました
2012年 9月20日
SAUSE Version 3.1.2は、SAUSE Version 3.1.1のリリース以降にみつかった不具合(Windows 7での使用時に関するものを含む)等を修正したものです。修正内容は以下の通りです。なお、データ入力 3. の修正により、Version 3.1.1以前で水位波形データを500個入力し、かつ水位波形データが0時間から始まっていないデータを再計算する場合、データの修正が必要になります。SAUSE Version 3.1.1をご利用のユーザー様へは、SAUSE Version 3.1.2のCDを送付いたします。
全般
  1. Windows 7対応
    • Windows 7で、日本語入力するとエラーが発生する不具合を修正しました。
    • Windows 7で、印刷の入力データシート、出力データシートのファイルが開けない不具合を修正しました。
  2. Windows 7対応より、センチネルドライバーのインストールは手動で行うよう変更しました。
  3. 取り扱い説明書(p.46、p.49)、ヘルプの章番号の間違いを修正しました。
  4. CAD出力に関するシステムファイルを更新しました。
データ入力
  1. 計算ボタンを押すと、地層構成節点に不要な点がない場合でも、メッセージがでることがある不具合を修正しました。
  2. すべり面の左右端と半径を設定して臨界すべり面を探索する場合、すべり円弧の中心座標をもとめる際にエラーが発生することがあり、この不具合を修正しました。
  3. 水位波形データを500個入力して計算すると、浸透流計算の後、エラーが発生して安定計算を行わない不具合を修正しました。
  4. 「斜面安定計算+地下水浸透流計算」から「斜面安定計算」のみに変更した場合、「すべり面条件」で「間隙水圧の評価方法」が「圧力水頭分布より水圧を評価」になっていると、安定計算用のデータ作成でエラーが発生する不具合を修正しました。
  5. 「すべり面条件」画面で、通過線データ、もしくは不通過線データが表示上は設定されていないのに、何らかのデータが設定されている状態になり、そのため正常に安定計算を行えない状況になることがありましたが、この不具合を修正しました。
データ入力
  1. 計算ボタンを押すと、地層構成節点に不要な点がない場合でも、メッセージがでることがある不具合を修正しました。
  2. すべり面の左右端と半径を設定して臨界すべり面を探索する場合、すべり円弧の中心座標をもとめる際にエラーが発生することがあり、この不具合を修正しました。
  3. 水位波形データを500個入力して計算すると、浸透流計算の後、エラーが発生して安定計算を行わない不具合を修正しました。
  4. 「斜面安定計算+地下水浸透流計算」から「斜面安定計算」のみに変更した場合、「すべり面条件」で「間隙水圧の評価方法」が「圧力水頭分布より水圧を評価」になっていると、安定計算用のデータ作成でエラーが発生する不具合を修正しました。
  5. 「すべり面条件」画面で、通過線データ、もしくは不通過線データが表示上は設定されていないのに、何らかのデータが設定されている状態になり、そのため正常に安定計算を行えない状況になることがありましたが、この不具合を修正しました。
計算結果
  1. 動画ファイルに安全率を表示するようにしました。
  2. 定常浸透流計算結果の水位線が正しく表示されない不具合を修正しました。
印刷
  1. 入力データシートに出力される項目が抜けている不具合を修正しました。
    • すべり面条件のすべり面の制約に関する項目と水位データ作成方法
    • FEM要素分割データの要素を構成する節点が奇数の場合の最終節点
  2. 地層を構成する節点が100点の場合に、カラー印刷ができない不具合を修正しました。