title softw s2 soft sause ssize
よくある質問
よくある質問にお答えします。

FEMを用いた飽和・不飽和浸透流計算では、FEM各節点の全水頭や圧力水頭、および流量等が計算されます。 これら全水頭や流量は、繰り返し計算を行い求められます。 その繰り返し計算の過程で、SAUSEでは降雨からの浸透を次のように扱っています。

sause rain

降雨浸透箇所のFEM節点iに対して

  • 降雨量ri:降雨波形により与えられる節点iの降雨量
  • 流量qi:浸透流計算により得られる節点iの流量
  • ri > qiなら、節点iの流量はqiにする(qiより多い分の降雨は消えてなくなる)
  • ri ≤ qiなら、節点iの流量はriにする

※ 降雨が全て流入しているわけではありません。
※ 繰り返し計算については以下を参照して下さい。

一般的にFEMを用いた飽和・不飽和浸透流計算では、

  • 時刻tの計算結果を得るために、時刻tの全水頭(もしくは圧力水頭、以下同様)が必要
  • しかし、時刻tの全水頭は、これから求めようとしている値なので分からない
  • つまり、計算に必要な値が分からないので、時刻tの計算結果を得られない

という問題を解消しなければなりません。

その問題を解消するために、通常は以下の様な繰り返し計算を行います。

  1. 全水頭に仮の値(h1)を与え計算する
  2. 計算により全水頭(h2)が求められる
  3. h1(仮の値)とh2(計算により求められた値)を比較する
    • h1とh2の差が、許容範囲内なら計算結果が得られたと判断する
    • h1とh2の差が、許容範囲に収まっていないなら再計算する
      1. 全水頭にh2を与えて計算する
      2. 計算により全水頭(h3)が求められる
      3. h2とh3を比較する
        • h2とh3の差が、許容範囲内なら計算結果が得られたと判断する
        • h2とh3の差が、許容範囲に収まっていないなら再計算する
          1. 全水頭にh3を与えて計算する
          2. 計算により全水頭(h4)が求められる
          3. h3とh4を比較する
            • h3とh4の差が、許容範囲内なら計算結果が得られたと判断する
            • h3とh4の差が、許容範囲に収まっていないなら再計算する
            • ………以下、同様………

※ 許容範囲内に収まるまで計算を繰り返しますが、何度繰り返しても許容範囲内に収まらないこともあります。 その場合は、計算結果が得られないものとして、計算を終了します。