title-softw-s2soft andess s
製品の特徴
特 徴 1
toku1
円形、または非円形のすべり面が既知の斜面で、c-tanφ関係図と、「現状すべり面の安全率は最小」という必要条件から、 一義的にc・φを決定します。
c・φ逆解析の概要
andess03
採用された安全率算定式に現状安全率を与え、c~tanφ関係を求めます。 逆解析により求められるべきc・φは、この関係を満足しなければなりません。

●左図の青い点は、c~tanφ関係上のいくつかの点をプロットしたものです。

●左図の赤い点が、求められたc・φです。



andess01
現状すべり面の近辺に、いくつかの試行すべり面を設定します。 逆解析により求められるべきc・φは、これらのすべり面群の中で、現状安全率が最小安全率となるものでなければなりません。

●青い線が各試行すべり面について、c~tanφ関係上のc・φを与え計算した安全率です。

●赤い線が現状安全率です。

●青い線がすべて赤い線の上になるところが、求めるc・φです。



andess02
求めるべきc・φは、現状安全率が最小安全率にあるという条件にしたがって、絞り込まれます。

●青い線が各試行すべり面について、c~tanφ関係上のc・φを与え計算した安全率です。

●赤い線が現状安全率です。

●青い線がすべて赤い線の上になるところが、求めるc・φです。

特 徴 2
toku2
円形、または非円形すべり面が既知の斜面で、計画安全率、杭・アンカーの打設位置、およびアンカー傾角などの諸条件から、論理的に打設位置ごとの抑止力を決定します。
andess04
対策工を選択します。 c・φは、逆解析により求めたものが使用できます。

杭工の場合
andess05

a.『杭を境として、その上流側と下流側のすべり土塊は、それぞれ異なる安全率Fa, Fbを持ち得る』と考えます。

b.『Fa, Fbの値をデザイナーが指定し、実際にこれらの安全率が確保されるためには、杭はどれだけの強さ(規模)のものでなければならないか?』といった設計法を採ります。

c. 杭と上・下流側すべり土塊との相互作用力を外力と見なし、必要な抑止力を計算します。


アンカー工の場合
andess06

a. 『アンカー力は地表面に作用する集中荷重である』と考えます。

b. アンカー力を鉛直および水平成分に分解し、これらを安全率算定式に導入して、必要な抑止力を計算します。


杭・アンカー併用工の場合
andess07

a. 杭単独工の場合と同じように、『杭を境として、その上流側と下流側のすべり土塊は、それぞれ異なる安全率Fa, Fbを持ち得る』と考えます。

b. アンカー単独工の場合と同じように、『アンカー力は地表面に作用する集中荷重である』と考えます。

c. 杭が負担すべき抑止力と、アンカーによる抑止力に比例関係を与え、計画安全率を満足するそれぞれの抑止力を計算します。

特 徴 3
toku3
地盤条件が既知の斜面で、安全率が最小のすべり面を探索します。 円形すべり面はもちろん、動的計画法の援用で、非円形すべり面の探索も可能です。 また、抑止杭上・下流の斜面の安定性を、それぞれにチェックできます。
動的計画法による非円形すべり面探索の概要
andess08
対策工を選択します。 c・φは、逆解析により求めたものが使用できます。

●白い点が鉛直線上に並んだ箇所がステージです。

●白い点がステートです。



andess09
赤い線が、非円形臨界すべり面の探索結果です。


andess10
対策工を打設する位置を境に、その上流側や下流側の安定解析を行うことができます。 これりより、対策後の安定性をチェックすることが可能です。
特 徴 4
toku4
すべり面の発生していない地盤条件が既知の斜面での、対策工設計用のすべり面は、「安全率最小」ではなく、「抑止力最大」を手がかりに探索しなければなりません。 計画安全率、杭・アンカーの打設位置、およびアンカー傾角などの諸条件から、設計用すべり面を選定します。

抑止力最大の設計用すべり面探索の概要
andess11

杭単独工の場合です。
抑止力が最大となるすべり面を、杭の上流側と下流側について、それぞれ探索します。


andess12

アンカー単独工の場合です。
アンカーの打設位置、アンカー傾角に基づき、抑止力が最大となるすべり面を探索します。

特徴 5
各機能の連携
上に述べた特徴は、お互いに連携して機能します。 例えば、地すべり地における対策工の検討を行う場合、強度定数の逆算を行い、計画安全率を確保するために必要な抑止力を算定し、対策工を打設した後の斜面の安定性チェックまで、一連の流れのなかで行えます。